伊豆の国市社会福祉協議会

文字の大きさ

背景色

相談

くらし相談窓口

「くらし相談窓口」は生活の様々な心配事、悩み事についての相談窓口です。専門スタッフが話しを伺い、一人一人の状況に応じて相談や就労を含めた支援を行っています。秘密厳守・相談無料です。まずはお気軽にご相談ください。

生活や仕事などでお困りの方(生活困窮者自立相談支援事業)

どのような人が利用できるの?

生活保護を受けている方以外で、生活に困っていて、最低限度の生活を維持することができなくなる恐れのある方(生活困窮者)です。経済的な問題で生活に困っている方・長く失業している方・引きこもりやニートで悩んでいる方・働いた経験がなく不安な方など、これまでの制度のはざまで支援を受けられなかった複合的な課題を抱えた方も相談の受付をしています。

相談支援の流れ(イメージ)
1.自立相談支援事業
生活に困っている方が生活保護に陥ることなく、早い段階で自立した生活に戻れるよう、専門性を有する相談支援員が相談に応じ、その人の抱えるさまざまな問題に対応した支援へとつなげていきます。
2.家計相談
家計に関する相談を受け、家計管理に関する支援や滞納の解消や各種制度の利用に向けた支援、債務管理に関する支援、貸付の相談等を行っています。
3.住居確保給付金
離職により生活に困って住居を失った方や、住居を失う恐れの高い方に、安定した就職活動ができるよう、期限付きで家賃相当額(上限あり)を支給します。
4.その他の事業
・自立の為に必要な支援を関係機関と連携して行います。
・生活福祉資金の貸付相談を行います。

くらし相談窓口チラシ

お金の管理や契約の手続きなどが心配な方(日常生活自立支援)

認知症や知的障がい・精神障がいなどで判断能力が十分でない方の暮らしの安心をお手伝いする事業です。次のようなサービスが利用できます。

どのような人が利用できるの?

自分ひとりで契約などの判断をすることが不安な方やお金の管理に困っている方などが利用できます。例えば、認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が十分でない方が対象になりますが、療育手帳や精神障がい者保健福祉手帳を持っていたり、認知症の診断を受けている方に限られるものではありません。施設や病院に入所、入院している方も利用できます。

  • ・介護サービスなどの福祉サービスを利用したいが、どうすればいいかわからない方
  • ・通帳や印鑑をしまった場所がわからなくなったり、公共料金などを払い忘れてしまうなどお金の管理が心配な方
  • ・年金などの書類が届いても、どう手続きしたらいいかわからない方
  • ・年金や生活保護費で生活しているけれど、計画的にお金を使えない方
  • ・大切な証書や印鑑などを自分で管理するのが不安な方
どんなことを?内容は?
福祉サービスの利用援助

社会福祉協議会が、年金や保護費が振り込まれる通帳をお預かりし、生活支援員があらかじめお約束した生活費をお届けしたり、医療費や福祉サービスの利用料の支払い手続きのお手伝いをします。

介護保険などの福祉サービスを利用する手続きのお手伝い

福祉サービスの利用に関する情報提供、相談援助

※福祉サービスって何?

介護保険制度などの高齢者福祉サービス、知的障がい者や精神障がい者が利用する福祉サービスなどです。例えばホームヘルプサービスやデイサービス、食事サービス、入浴サービス、外出支援サービスなどさまざまなサービスがあります。

日常的金銭管理サービス

福祉サービスの利用料金や、医療費、公共料金等の支払い

年金や福祉手当の受領に必要な手続き

日常生活に必要な費用の支払いや、預貯金の出し入れ

通帳や証書類、印鑑等の預かりサービス

預金通帳や印鑑、証書(年金証書、権利証書、契約書など)の預かり

※宝石、書画、骨董品、貴金属などは預かれません。

一人で判断に迷う時や困った時に、いつでも専門員や生活支援員に相談できます。

利用料はかかるのかな?

相談は無料です。生活支援員による援助は利用料が必要です。

お住まいの市町の社会福祉協議会にご相談、お申込みいただいた後に静岡県社会福祉協議会と契約をしてご利用いただく事業になります。

※詳しくは静岡県社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

受付:月~金曜日(祝祭日を除く)午前8時30分~午後5時15分

くらし相談窓口(伊豆の国市福祉事務所内)電話:0558-76-8012